トム・クルーズ、宇宙旅行を計画

ハリウッドニュース / 2013年4月5日 10時5分

宇宙旅行への夢を語ったトム・クルーズ (c)Hollywood News

50歳の俳優トム・クルーズが現地時間4月1日に映画『オブリビオン』(5月31日日本公開)のモスクワプレミアに出席し、そこでのパネルディスカッションで宇宙に旅行することを計画していると発言した。

トムが主演する同映画は、60年前のエイリアンによる侵略のために荒廃した西暦2073年の地球が舞台となっているSFスリラーである。上空から地上を監視する男を演じたトムは、どうやらエイリアンの存在を信じているようである。「ザ・サン」紙によると、彼はパネルディスカッションで記者たちに、「エイリアンの存在を否定することはできないと思う。この宇宙の銀河系で私たちだけが生きていると考えるのは、少し傲慢(ごうまん)なのかもしれないね。僕はエイリアンに会ったことがないけど!」と語ったようだ。

さらに彼は将来、宇宙旅行を計画しているのだという。彼は、「宇宙旅行をしたくない人なんているのかい? 僕は先に何人かの人たちに試させるつもりだけど、宇宙に行けたら最高だと思う。子供のころから、違う惑星に行ってみたいと望んでいたんだ」と話した。

トムは、ヴァージン・ギャラクティック社が計画する民間宇宙旅行に参加したいと思っているようだ。同社は数年前から宇宙旅行への希望者を募集しており、俳優のアシュトン・カッチャーが20万ドル(約1922万円)を支払ってこの宇宙旅行への予約をしたことで話題になっていた。同社は2013年の12月から運行開始する予定である。

これまでに『マイノリティ・リポート』(02)や『宇宙戦争』(05)などのSF映画を作ってきたトムは、もしかすると本当に宇宙へ旅をするという自分の夢を叶えることになるのかもしれない。【村井 ユーヤ】

ハリウッドニュース

トピックスRSS

ランキング