俳優事故死の『ワイルド・スピード』、7作目は一旦製作中止に

ハリウッドニュース / 2013年12月5日 9時30分

40歳という若さで亡くなったポール・ウォーカーさん (C)Imagecollect.

映画『ワイルド・スピード』シリーズの7作目の製作が、俳優ポール・ウォーカーさんの死を受けて、一旦中止になったことが発表された。

同シリーズで活躍してきたポールさんが現地時間11月30日にカリフォルニア州サンタクラリタで友人の運転するポルシェに乗用していたところ、道路脇の木に激突して、40歳という若さで亡くなるという事故が起きた。

今年、同シリーズの6作目が公開され、7作目の製作が2日から始まる予定であったが、現地時間4日に製作側のユニバーサルが表明文で、「現在、我々ユニバーサルはポールの家族や『ワイルド・スピード』のキャストやクルー、製作者をサポートすることに専念としたいと思います。我々は現時点では『ワイルド・スピード7』の製作を一時的に中止する責任があると感じています。そして、すべてのオプションを考えて、シリーズを進めることができると思います」「我々は『ワイルド・スピード』のファンに、今後の情報について知らせていきます。ファンが我々と一緒に親愛なる友人ポール・ウォーカーの死を悼むことを理解しています」とコメントしている。

製作が延期されたことはとても残念であるが、ポールさんを失った製作側の痛みをファンはきっと理解しているだろう。【馬場 かんな】

ハリウッドニュース

トピックスRSS

ランキング