ケイト・ウィンスレット、第3子を妊娠

ハリウッドニュース / 2013年6月5日 11時0分

映画のセットで時間を過ごすケイト・ウィンスレットとネッド・ロックンロール (c)Hollywood News

『タイタニック』(97)や『愛を読むひと』(08)で知られる37歳の女優ケイト・ウィンスレットが、彼女の3人目の夫であるネッド・ロックンロールさんとの間に彼女にとっての第3子となる子供を妊娠したことが明らかになった。

ケイトは昨年の12月にヴァージン・グループ会長のリチャード・ブランソン氏の甥であるイギリス人実業家のネッドさんと結婚していた。「USウィークリー」誌によると、ケイトの代理人が彼女の妊娠を認めたようである。

ケイトとネッドさんの間の第1子となる子供は、ケイトと最初の夫である映画助監督のジム・スレアプレトンさんとの間に生まれた12歳のミア・スレアプレトンちゃんを姉に持ち、彼女と映画監督サム・メンデスの間に生まれた9歳のジョー・メンデス君を兄に持つことになる。

2003年にサム・メンデス監督と再婚したケイトは、2010年の3月に彼との離婚を発表。その後、モデルのルイス・ダウラーと交際したが、2010年の11月に彼と破局していた。ネッドさんとは2011年の夏に出会い、それから彼女は彼と家庭を築くことになったのである。

ケイトの子供たちは弟もしくは妹が生まれることに興奮しているにちがいない。はたして、「ロックンロール」という名字を持つ子供はどういう風に育っていくのだろうか?【村井 ユーヤ】

ハリウッドニュース

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング