シャーリーズ・セロンが過去に住んでいた家でまたも殺人事件

ハリウッドニュース / 2012年10月5日 13時5分

父親が母親によって射殺されたシャーリーズ・セロン (c)Hollywood News

女優のシャーリーズ・セロンが生まれ育った南アフリカの家で、強盗殺人事件が起こっていたことが明らかになった。

現地時間9月5日に、その家の現所有者であるバリー・ニューランドさんが殺害された。南アフリカの「インディペンデント・ニュース」紙によると、5人の男が売りに出されていたニューランドさんの彼女の車に興味があると言って家に入り、風呂場でニューランドさんの手足を縛り、プラスチックの袋を頭にかぶせて窒息死させたようだ。現地警察は同紙に、ニューランドさんの体にはたばこやアイロンによる火傷の後が残されており、彼が殺害される前に拷問されたことを明かしている。

この家はシャーリーズが15歳の時に、彼女の父親チャールズさんが母親ゲルダさんによって射殺された場所でもある。アルコール依存症であったチャールズさんは家庭内暴力をたびたび繰り返していたようで、その日の夜は酒に酔った勢いで銃を乱射していたようだ。娘の命の危険を感じたゲルダさんは、シャーリーズの目の前でチャールズさんを射殺した。その後、母親は正当防衛が認められ、シャーリーズは母親と共にアメリカに移住したのであった。

シャーリーズ一家に悲劇が起きた場所で、またも惨劇が繰り返された。はたして彼女はこの事件のことを聞き、何を思うのだろうか?【村井 ユーヤ】

ハリウッドニュース

トピックスRSS

ランキング