ビジュアル系の理想郷、YOHIO(ヨヒオ)が逆輸入デビュー!

ハリウッドニュース / 2012年4月6日 18時50分

女の子? いえ男の子です、YOHIO(ヨヒオ)です

“ビジュアル系の理想郷”というキャッチコピーが言い得て妙なアーティスト、YOHIO(ヨヒオ)が4月25日に日本デビューをすることになった。

まず真っ先に目が奪われるのはそのルックス。まるで「ファイ○ル・ファ○タジー」のキャラクターのような、いやむしろ日本のビジュアル系を意識した外見は、“天然系”と言われるほどキレイだ。

YOHIOは、スウェーデン出身の現在16歳。Gacktを小さい頃から尊敬しており、日本のビジュアル系バンド、アニメやゲームに深いシンパシーを抱いている。

なにしろ、日本語の歌詞を自分で書き、日本語で歌っている。しかも、その甘い歌声はどことなく日本のビジュアル系バンドの歌い方に影響を受けていることを感じさせる。

スウェーデンの音楽一家に生まれたYOHIOは、6歳でピアノと作曲を始め、11歳でギターを持ち、14歳でビジュアル系バンド「Seremedy」を結成。“ビューティー&マッドネス(美と狂気)”をテーマに曲作りをスタートさせる。

父親が北欧メタルのギタリストということだけあって、ギターの腕も相当だ。エレクトリックなポップさとキャッチーなメロディーラインをベースに、テクニカルなギターソロを弾き、デス声を混ぜつつ、ライブではツーバスがドコドコと鳴っていて、衣装はアニメ・ゲーム的という、ビジュアル系をやっている。

音楽は、バッハやヴィヴァルディというクラシックから、ANGRAやRhapsody of fire等のメタル、日本の西川貴教やMALICE MIZER等を聴くという。

日本カルチャーを愛する逆輸入系アーティスト、YOHIOの日本での受けは良さそうなので、今後の活躍をぜひ見守りたい。

●YOHIO「REACH the SKY」
4月25日発売
【SHM-CD、DVD(初回限定盤)】2980円(税込) UICN-9002
【SHM-CD】1500円(税込) UICN-1002【ハリウッドニュース編集部】

ハリウッドニュース

トピックスRSS

ランキング