ルーシー・リュー、米版「シャーロック・ホームズ」で初の女性ワトソン役へ

ハリウッドニュース / 2012年3月6日 11時40分

ワトソン役を演じるルーシー・リュー (c)Hollywood News

映画『チャーリーズ・エンジェル』シリーズの台湾系アメリカ人女優のルーシー・リューが、アメリカのテレビ局「CBS」製作のドラマでニューヨークを舞台にした現代版「シャーロック・ホームズ」のワトソン役を演じるという。

「シャーロック・ホームズ」のワトソンは男性として描かれているが、今作でルーシーが初めて女性ワトソンを、主人公のシャーロック・ホームズはこれまで通り男性で、俳優のジョニー・リー・ミラーが演じる。

同ドラマは「エレメンタリー」という題名として作られる予定であるが、本家のイギリスで製作されているドラマ「シャーロック」のプロデューサーは、「我々の著作権を侵害する内容がないかを確認するため、完成した脚本を綿密に見させてもらうということを伝えました」と話している。

また、「エレメンタリー」側はこれに対し、「我々の作品は現代版『シャーロック・ホームズ』であり、オリジナル・キャラクター同様、公有財産であるホームズやワトソンをはじめとした数々のキャラクターたちに基づくものです。保護されるべきいかなるストーリー内容も作品も侵害することはありません」とコメントしている。

予定通りに製作が進めば、同ドラマは今年秋に放送されるそうだ。

初の女性ワトソンをアジア人女優であるルーシーが演じることで、ストーリーがまた違った展開に見えるかもしれない。女性ファンも増えそうだ。【馬場 かんな】

ハリウッドニュース

トピックスRSS

ランキング