『ホビット』シリーズ第2章の公開日が2014年2月28日に決定!

ハリウッドニュース / 2013年9月6日 9時5分

待望のシリーズ第2弾『ホビット 竜に奪われた王国』 (c) 2013 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND METRO-GOLDWYN-MAYER PICTURES INC.

『ロード・オブ・ザ・リング』3部作を手掛けアカデミー史上最多受賞を果たした巨匠ピーター・ジャクソン監督が放つ、全世界待望の新しい“指輪”の物語。伝説の冒険小説「ホビットの冒険」を完全映画化する『ホビット』シリーズ第2章『ホビット 竜に奪われた王国』の日本公開日が来年2014年2月28日(金)に決定したことが明らかになった。

平和なホビット庄から魔法使いガンダルフに誘われて、ビルボ・バギンズが思いがけない冒険へと旅立つ第1章『ホビット 思いがけない冒険』。アトラクションのような爽快感溢れるダイナミックなアクションの連続、細部まで作り込まれた“中つ国”の世界観と最新のVFX、13人のドワーフたちの勇気と熱い友情のドラマと、“小さな巨人”ホビットが挑む“大きなアドベンチャー”は世界中の観客の胸を打ち、一大ムーブメントを巻き起こし世界興行収入10億ドルを越える大ヒットを遂げた。続く第2章では、恐るべき巨大な竜“スマウグ”に奪われたドワーフの王国を取り戻すため、ビルボたち一行はさらなる壮大な冒険を繰り広げる。

『ホビット 竜に奪われた王国』では、第1部からに引き続き、力強く心優しい灰色の魔法使いガンダルフをイアン・マッケラン、主人公ビルボ・バギンズにはマーティン・フリーマン、ドワーフの指導者トーリン・オーケンシールドをリチャード・アーミティッジが再び演じる。『ロード・オブ・ザ・リング』3部作でお馴染みのキャラクター、オーランド・ブルーム演じるレゴラス、エヴァンジェリン・リリー演じるエルフ族のタウリエル、リー・ペイス演じる闇の森に住むエルフの王スランドゥイル、ルーク・エヴァンズ演じる谷の王バルドなど、新たなキャラクターも登場予定。そして、今最も注目を集める俳優ベネディクト・カンバーバッチが声を務めたスマウグと、マーティン・フリーマン演じるビルボの「SHERLOCK シャーロック」コンビの対峙にも世界中の注目が集まる。

第3部に向けて5月下旬からスタートした10週間にも及ぶ追加撮影は、最先端のカメラと音響技術を駆使してデジタル3Dでウェリントンのストーン・ストリート・スタジオを中心にニュージーランド周辺で行われ、7月26日に無事終了。ピーター・ジャクソンは現在、最高傑作を仕上げる為に本作の撮影に専念している。

■『ホビット 竜に奪われた王国』
2014年2月28日(金)新宿ピカデリー・丸の内ピカデリー他全国公開

■『ホビット ゆきて帰りし物語(原題)』
2014年12月17日全米公開

配給:ワーナー・ブラザース映画
オフィシャルサイト:www.hobbitmovie.jp
facebookオフィシャルページ:www.facebook.com/hobbitjp【ハリウッドニュース編集部】

ハリウッドニュース

トピックスRSS

ランキング