ジャスティン・ビーバー、ウィリアム王子の頭髪具合に触れ失言

ハリウッドニュース / 2012年8月7日 19時25分

若者にヘアスタイルが大人気のジャスティン・ビーバー (c)Hollywood News

人気ポップスターのジャスティン・ビーバーが雑誌のインタビューで、イギリスのウィリアム王子の頭部の髪が薄くなっていることに言及し、ウィリアム王子のファンから非難されている。

18歳のジャスティンはイギリスの若者向け情報誌「ローラーコースター」に、「最近は薄毛を止める方法があるんだよ。僕はなぜウィリアム王子がプロペシア(飲む育毛剤)のような薬を飲まないのか理解できないんだ。プロペシアを飲んだら、髪が生えて来るんだよ。イギリスではないのかな?」と、30歳のウィリアム王子の薄くなっていく頭部について語ったのだ。

このジャスティンの発言に、ウィリアム王子のファンは激怒しているという。イギリス人ジャーナリストであるジェシカ・カランさんは、「英国人はジャスティンがウィリアム王子の髪の毛の問題について語ったことを、まるで飛んで来るハエのように、うっとおしく思っています。女の子のような髪形のジャスティンにバカにされたくないのです」と話した。

ジャスティンは今年、自身のヘアカットが「ウォール・ストリート・ジャーナル」誌によって、「2011年に最も影響力のあったヘアスタイル」に選ばれている。大勢の男の子がジャスティンの髪形を真似する今、ジャスティンはついウィリアム王子に対して上から目線の発言をしてしまったようだ。【村井 ユーヤ】

ハリウッドニュース

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング