デヴィッド・ベッカム、子供の試合で熱くなりすぎてレッドカードで退場

ハリウッドニュース / 2012年2月7日 14時45分

子供の試合で熱くなりすぎてレッドカードで退場したデヴィッド・ベッカム (c)Hollywood News

プロ・サッカー選手のデヴィッド・ベッカムが、ロサンゼルスで行われた子供のサッカーの試合で熱くなり、審判からレッドカードをもらって試合場から退場になったと語っている。

デヴィッドはトーク番組「ザ・ジョナサン・ロス・ショー」で次男で9歳のロミオ君のサッカーの試合を見に行った時のことを語った。

ロミオ君が出場する前の別の試合で、ある男の子が審判に反則をとられた時について「その子供たちは7歳で、審判がその子を退場させたんだ。それで、僕は『ちょっと、彼は7歳だぞ、審判! 退場させることなんてできないよ』って言ったら、審判は僕を“ああ、できるさ”って言う目で見たんだ」と話した。

さらに「僕は『できないよ。彼は7歳だぞ!』って言ったら審判がこっちにきて、レッドカードを出しだんだ。彼はこの公園から出てけって本気で言ったんだよ」と続けた。

そんなデヴィッドだったが、「ほかの入り口から入って、息子の試合には戻ってきたよ」とロミオ君の試合はちゃんと見ることができたようだ。

いくらプロのサッカー選手のデヴィッドが相手でも、審判は自分の判断をくつがえすことはなかったようだ。デヴィッドもまさかレッドカードで退場となるとは思いもしなかっただろう。【馬場 かんな】

ハリウッドニュース

トピックスRSS

ランキング