ジャスティン・ビーバー、リアーナと肉体関係だった?

ハリウッドニュース / 2013年2月7日 9時40分

本当にリアーナと? 2011年2月の頃のまだ少年のようなジャスティン・ビーバー (c)Hollywood News

人気ポップスターのジャスティン・ビーバーが、歌手・女優のセレーナ・ゴメスと交際をしていた2011年の2月に、歌手リアーナと密かに関係を持ったという噂が流れている。

ジャスティンとセレーナは昨年の11月に破局し、その後くっついたり離れたりを繰り返している。「ライフ&スタイル」誌によると、セレーナが11月にジャスティンと別れた理由は、彼女が彼とリアーナが密かに関係を持っていたのを知ったからなのだという。セレーナの友人は同誌に、「セレーナの心はズタボロになりました。なんとジャスティンは、セレーナと恋に落ちて付き合い始めたばかりである2011年の2月に、リアーナと浮気をしていたのです。後にこれを知った彼女は、彼のことを信じられなくなったのです」と語った。

どうやらジャスティンとリアーナは、2011年の2月に行われたNBAオールスターゲームで一緒になり、それを機に関係を持つようになったのだという。さらに2人は、2012年の11月にニューヨークで高級下着ブランド「ヴィクトリア・シークレット」のファッションショーに出演した際にも、ホテルで関係を持ったというのだ。

はたしてこの噂は本当なのだろうか? ジャスティンはリアーナと関係を持ったという2011年の2月の時点ではまだ16歳であり、未成年である。さらに彼は歌手クリス・ブラウンを尊敬しており、当時のクリスの元カノであったリアーナに手を出すのは考えられないのだ。

過去には、ジャスティンとセレーナの破局の原因として、歌手・女優のマイリー・サイラスや、「ヴィクトリアズ・シークレット」の広告モデルであるバーバラ・パルヴィンの名が挙げられたことがあった。本人たちが本当の破局の理由を明かさない限り、もしかするとこれからも新たな浮気相手の噂が出て来てしまうのかもしれない。それほど、2人の関係は注目されているということなのだろう。【村井 ユーヤ】

ハリウッドニュース

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング