キム・カーダシアン、離婚が泥沼化で胎児に影響も?

ハリウッドニュース / 2013年2月7日 11時55分

妊娠中のキム・カーダシアン (c)Hollywood News

リアリティースターのキム・カーダシアンが、NBA選手のクリス・ハンフリーズとの離婚を一刻も早く成立させたいことを裁判官に訴えている。

キムとクリスは2011年10月に72日間の結婚生活の末に離婚を発表。その後キムは歌手のカニエ・ウェストと交際を開始し、現在彼との子供を妊娠している。しかし、クリスが結婚は話題作りのために利用されたと主張していることで、まだ離婚の裁判が続いている。

ゴシップサイト「TMZ」によると、キムが新しく提出した書類には、クリスが自分の幸せを踏みにじるだけではなく、自分やお腹の子供の健康も脅かし、自分の人生を台無しにしようとしていると綴られているそうだ。また、彼女の医師もストレスは胎児に影響を与えていると主張しているという。

クリスの弁護士はキムが早く離婚を成立させたがっていることに関して、「妊娠は我々には関係ない」「離婚協議中になぜ妊娠を計画したのですか?」と主張している。

キムが離婚成立に焦っていることの大きな理由の1つとして、キムとクリスの離婚が成立していない状態で子供が生まれてしまった場合、カニエが父親であるという書類にサインできないという問題が起きてしまうからである。そのためキムはそのことも心配していると考えられる。お腹の子供に関してクリスの弁護士は、クリスが子供の親権を主張することはないので、心配する必要はないと明らかにしている。

離婚はかなり泥沼化しているようで、キムは離婚が成立するまで安心することはできなさそうである。一番かわいそうなのはお腹の子供に影響が出ることであるため、双方が納得して離婚が成立することを願いたい。【馬場 かんな】

ハリウッドニュース

トピックスRSS

ランキング