アンドリュー・ガーフィールド、アカデミー賞出席をキャンセルした本当の理由が明らかに

ハリウッドニュース / 2014年3月7日 13時40分

心優しいアンドリュー・ガーフィールド (c)Imagecollect.

俳優のアンドリュー・ガーフィールドが、現地時間2日に行われた第86回アカデミー賞授賞式への出席を急遽キャンセルした理由が明らかになった。

アンドリューは同授賞式にプレゼンターとして出席することが発表されていたが、突然キャンセル。代わりに俳優のクリス・エヴァンスがステージに立った。その後アンドリューがキャンセルしたことに対して、彼の家族か恋人で女優のエマ・ストーンの家族に何かあったのではないかと噂されていた。

しかし、彼の代理人がアンドリューは「バットキッド」として知られる5歳のマイルズ・スコット君とアカデミー賞授賞式のステージに一緒に登場する予定だったが、直前に中止になってしまったことを明かした。マイルズ君は白血病と診断されて以来、辛い治療に耐えて、がんとの闘いに勝ち、昨年11月にバットマンにあこがれる彼のために難病の子どもたちを支援する団体「メイク・ア・ウィッシュ」が立ち上がって、彼にスーパーヒーロー「バットキッド」としてヒーローの体験をさせてあげるという夢を叶えていた。

アンドリューの代理人は彼がマイルズ君を本当のヒーローとして称えようと準備を進めてきたが、現地時間1日か2日の朝に中止になってしまったことを知らされたとコメントし、「彼ら(アカデミー側)はやめることにしました。アンドリューとマイルズは動揺していました」と話している。また、アカデミー側も生放送の番組上、カットしなくてはいけなくなってしまったと表明している。

アンドリューは授賞式の次の日である3日にマイルズ君と彼の家族とディズニーランドを訪れていた。アンドリューは1人で舞台に立つことも考えられただろうが、彼への思いやりから授賞式への出席をキャンセルしたようである。【馬場 かんな】

ハリウッドニュース

トピックスRSS

ランキング