ザック・エフロン、『ハイスクール・ミュージカル』後の仕事について語る

ハリウッドニュース / 2012年5月7日 12時10分

若手実力派俳優のザック・エフロン (c)Hollywood News

俳優のザック・エフロンが、ディズニー映画『ハイスクール・ミュージカル』シリーズの後の仕事の選び方について語った。

2006年の『ハイスクール・ミュージカル』で大人気となり、一躍ティーンのアイドルとなったザックは、ゴシップ誌「ハロー!」に「『ハイスクール・ミュージカル』の後でいくつか役のオファーがあったよ。でも、僕は(俳優業を)長くやりたかったんだ」と話した。

「この仕事を長くやっていたいから、ゆっくり変化したかったんだよ。自分のファンをキープするためではなかったんだ。仕事に集中して、客観的に見たかったんだ。一生懸命働いて、素晴らしい監督と仕事をして、素晴らしい変化を遂げたよ」と語っている。

さらに「(キャリアの変化は)とってもゆっくりだったよ。でも、一緒に働いた監督からはたくさんのことを学んだね。僕は儲けようとか、簡単な道に進もうとはしなかった。学んで成長することに集中していた。まだ勉強しているけど、僕はとにかくとてもラッキーなんだ」とコメントした。

ディズニー・チャンネルから大人気アイドルとなったザックではあったが、彼は俳優として自身のキャリアを成長させていく道を選んだようだ。当時17歳で幼かったザックは、ハリウッドを代表する若手実力派俳優へと見事に成長した。今後どんな役柄を演じるかますますたのしみだ。【馬場 かんな】

ハリウッドニュース

トピックスRSS

ランキング