ヴィクトリア・ベッカム、自身のデザインした“メガネ”を発表

ハリウッドニュース / 2012年8月8日 18時40分

ヴィクトリア・ベッカム、自身のデザインしたメガネを発表 (c)Hollywood News

ファッションデザイナーのヴィクトリア・ベッカムが、自身のデザインしたアイウェアを発表した。

すでにサングラスのデザインを手掛けているヴィクトリアは、メガネのデザインにも着手し、現地時間6日に自身のツイッターで「今日、私のオプティカル(メガネ)のラインを発表できて興奮しているわ」と自身のデザインしたメガネをかけている画像を載せて明らかにした。

ヴィクトリアは、ファッション誌「WWD」に、「私はメガネが必要なの。でも、自分に似合うものや好きなメガネが見つからなかったのよ」と語った。

「すごく気にし過ぎてしまっていたの。だから、自分でデザインしようと決めたのよ」と明らかにした。

ヴィクトリアはアイウェアブランドCUTLER AND GROSS[カトラー・アンド・グロス]とタッグを組み、6つのコレクションを10月4日に行われる国際アイウェア展示会「Silmo Paris」で披露する。各フレームは3色で「V」のロゴが入れられており、イタリアですべてハンドメイドで作られ、410ドル(約3万2000円)で来年の1月または2月頃に販売される予定だ。

ヴィクトリアは、自身が“かけたい”と思うおしゃれなメガネをデザインしたようだ。今まで気に入ったメガネが見つからなかった人もそんなヴィクトリアのメガネなら気に入るかもしれない。彼女のメガネは要チェックだ。【馬場 かんな】

ハリウッドニュース

トピックスRSS

ランキング