クリスティーナ・アギレラ、疎遠となっている父親に会う時がきた

ハリウッドニュース / 2012年2月8日 17時50分

20年以上も父親と疎遠になっているクリスティーナ・アギレラ (c)Hollywood News

歌手のクリスティーナ・アギレラが、疎遠となっている父親のファウストさんに会う時がやってきたと話している。

クリスティーナはファウストさんから精神的や肉体的に虐待を受けていたと以前話しており、それが原因で彼女が7歳の時に両親が離婚している。

1991年から20年以上も父親に会っていないクリスティーナはゴシップ誌「ラティーナ」に、「私にどんなに乱暴なことがあったかこれまで話してきたわ。それを彼も聞いてると思うの。彼はそれに対して何も反応してはダメよ。だから、いつか一緒にランチができると思うの。私は今31歳よ。きっと時がきたんだわ」と話した。

幼少期に経験した虐待なのにもかかわらず、クリスティーナは父親と会いたいと感じているようだ。彼女の思いはきっとファウストさんにも伝わることだろう。【馬場 かんな】

ハリウッドニュース

トピックスRSS

ランキング