ベン・アフレック、ヒーロー映画『ジャスティス・リーグ』の監督へ?

ハリウッドニュース / 2012年8月9日 16時30分

ベン・アフレック、アメコミ映画の監督へ? (c)Hollywood News

俳優のベン・アフレックが、アメリカン・コミックのヒーロー映画『ジャスティス・リーグ』の監督を務める話が挙がっているそうだ。

「ジャスティス・リーグ」とはDCコミックに登場する夢のヒーローチームで、バットマン、スーパーマン、グリーン・ランタン、ワンダーウーマンらがチームのメンバーである。

そんな彼らを描く映画で、ワーナー・ブラザーズはベンを起用することを考えているそうだ。エンターテインメント情報誌「バラエティ」によると、彼はこのプロジェクトについて近いうちにスタジオ側と話し合いを行うという。また、現在ベンだけに映画の脚本が送られているとのことだ。

俳優のクリスチャン・ベールが主演を務めた『バットマン』シリーズは爆発的な人気となったが、彼は『ジャスティス・リーグ』には出演しないことが決まっている。

同映画の製作については長い間決まっていたものの、マーベルのアメコミヒーローが集結した映画『アベンジャーズ』(8月17日日本公開)が先に製作を進め、大ヒットを記録し、第2作目の製作も決まっている。

ベンが『ジャスティス・リーグ』の監督を務めることになれば、話題はさらに大きくなる。DCコミックのヒーローファンは同映画の公開をたのしみに待っているだろう。【馬場 かんな】

ハリウッドニュース

トピックスRSS

ランキング