グラミー賞歌手エスペランサの、大きなアフロの意味

ハリウッドニュース / 2012年3月9日 10時10分

大きなアフロがトレードマークのエスペランサ

昨年のグラミー賞で最優秀新人賞に輝いた歌手・ベーシストのエスペランサが、新作アルバム「ラジオ・ミュージック・ソサイエティ」のPRのため現在来日中だ。そんな彼女が、トレードマークのヘアスタイルについて語った。

顔の何倍もの大きさがあるアフロがキュート&クールなエスペランサ。自身の髪形についても思うところがあるという。

「ほかの人たちにとって何を意味するのか分からないけど、私にとっては、サムソンとデリラ(編集注:旧約聖書の登場人物。英雄サムソンは美女デリラに誘惑され、自分の力の源である髪の毛を切り取られて無力になってしまう)に重なるの(笑)」。

「髪は私の頭から生えていて、そのすぐ下には脳ミソがあって、だからたとえ外に見える髪の毛は死んでいるのだとしても、髪は私の心に、私が自分のスピリットと捉えているものにすごく近いところにあるから、繊維質や物質に私の魂が何らかの形で宿っていると思う。だからヘア・アイロンなんか使いたくないし、薬品で処理したくもないし、邪険に扱いたくない。敬意をもって扱いたいの。そして、私が日々の生活の中でそうありたいと願っているのと同様に、髪にも自由であってほしい。かなりバカらしいシンボリズムなんだけど、私には意味があることだから、髪をこんな風にしているの」と、そのポリシーを打ち明けた。

今や黒人女性の多くがストレートヘアにしたいと望み、さまざまな方法でそれを実現させている。自分自身に誇りと自信をもっている女性はカッコイイ。スタイルは自分で作り出すもの、そんな彼女の信念は外見にも表れていた。

●エスペランサ「ラジオ・ミュージック・ソサイエティ」
3月21日(水)全世界同時発売
【通常版CD】2600円(税込) UCCT-1236
【限定版CD+DVD】3980円(税込) UCCT-9026 ※DVD付のデラックス・エディションは3月28日(水)リリース。【ハリウッドニュース編集部】

ハリウッドニュース

トピックスRSS

ランキング