ジョン・トラボルタ、セクハラで訴えてきた男性を逆提訴?

ハリウッドニュース / 2012年5月9日 11時20分

セクハラ疑惑で訴えた男性を逆提訴しようとしているジョン・トラボルタ (c)Hollywood News

俳優のジョン・トラボルタが、自分をセクハラ疑惑で訴えた男を反対に訴えようとしていることが分かった。

先日ジョンは、自分のホテルの部屋でマッサージを受けている最中に男性マッサージ師の局部をさわるなどのセクハラをしたという容疑で、訴えを起こされており、その男性から200万ドル(約1億6000万円)の慰謝料の支払いを求められている。

しかし、ジョンの弁護人であるマーティ・シンガー氏は、原告の男性とその弁護士を共に悪意訴追により逆に法的手段に訴えると述べており、彼は「弁護士には、セレブを訴える際にはメディアがそれを取り上げることを考慮した上での高いハードルがあります。そういった法的手段に出ようとする弁護士はすぐにクライアントを信用するわけにはいきません。調査を行い、クライアントの訴えの適格性を適切に判断する義務を負っているのです」と米「ハリウッド・レポーター」誌にて語った。

シンガー氏によれば、今回の事件が起きたとされる現地時間の1月16日に、ジョンがロサンゼルスにいなかったことを証明できるという。5月7日にジョンの広報担当者から発表された声明文によると、当時ジョンはアメリカから2000マイル(約3200キロメートル)離れたところにいたとしている。

さらにシンガー氏は「この訴えは完全な作り話であり捏造です。ジョンが訴えられているような事柄は実際には起きていないのです」とも述べている。事件の真相は2人にしか分からないことではあるが、もしこの男性が“ジョンは同性愛者なのでは?”という噂を利用して訴えを起こしているのであれば彼には厳しい刑罰が待っていることだろう。【西成 ダイゴ】

ハリウッドニュース

トピックスRSS

ランキング