2015年グラミー新人賞最有力候補! 男性版アデル、サム・スミスの魅力

ハリウッドニュース / 2014年11月9日 10時0分

来年度グラミー賞候補の注目歌手、サム・スミス (c)Imagecollect.

今、音楽界がこぞって注目をしているシンガーといえば、それは間違いなくサム・スミスだろう。つい最近まで誰も彼の名前を知らなかった状況から、世間に男性版アデルとまで称されるほどに知名度を上げた。

サム・スミスはイギリス出身のシンガーソングライターであり、現在22歳。2012年に発売したディスクロージャーのシングル「ラッチ」にフィーチャリングで参加して以来、一気に知名度をあげることとなった。さらに2013年には全英1位を記録したノーティ・ボーイのシングル「ラ・ラ・ラ」に参加していた。自身のデビューアルバム「イン・ザ・ロンリー・アワー」も初登場全米2位、全英2週連続1位の記録を持つ大型新人なのだ。

サムの強みはなんといっても、人々の涙を誘うその深い歌声と自身の正直な経験に基づいたソングライティング能力。私生活では同性愛者であることをカミングアウトしており、デビューアルバムもかつてサムが情熱的に恋に落ちた男性への想いがテーマであると明かしている。心の奥深くまで響く切ないメロディーの数々は「今まで片思いばかりだった」と語るサムが曲を書いているからこそ、人々の共感を呼ぶのだろう。

同じイギリス出身でシンガーソングライターということもあり、しばし「男性版アデル」といわれるサム・スミス。来年のグラミー賞新人賞の最有力候補と言われている実力派シンガー、これからのさらなる活躍ぶりに期待したい。【高田 ミズキ】

ハリウッドニュース

トピックスRSS

ランキング