【ハリウッドスラング037】割と控えめな表現の「get laid」

ハリウッドニュース / 2012年12月10日 15時0分

「ザ・ウォンテッド」のマックスと「get laid」したい? リンジー・ローハン (c)Hollywood News

今回のハリウッドスラングは、「get laid(ゲット・レイド)」。英語のスラングには聞いて恥ずかしくなるくらいの直接的な表現のものがありますが、控えめな表現のものもあります。今回紹介するのは、「セックスをする」という意味の「get laid」です。

使用例:
ジョージ:Dude, I got laid with Michelle last night.
(おい、俺は昨日の夜にミシェルとセックスしたぜ。)
キース:In your dream?
(お前の夢の中でか?)

「セックスをする」ということを表現をする言葉には、「have sex with」、「fuck(ファ○クする)」、「bone(骨を抜く)」、「bang(ドンドンたたく)」、「screw(ねじる)」など、さまざまな表現があります。その中で、「get laid」は、比較的おとなしめの言葉と言えるでしょう。

「laid」は、「置く」、「横たえる」という意味のある「lay」の受動態なので、「寝かされる」という意味になるのです。直接的な性行為を思わせないし、「セックス」という言葉も使われないので、使いやすいのでしょう。僕がアメリカの大学にいた時も、この「get laid」という言葉をよく聞きました。

最近では、リンジー・ローハンが彼女の最近のお気に入りである「ザ・ウォンテッド」のマックス・ジョージと共にニューヨークのナイトクラブに行ったようですが、結局クラブで酔いすぎてしまった彼女は、「get laid with Max」ができずに、彼はほかの女性をお持ち帰りしてしまいました。その代わりに彼女はクラブ内で女性を殴った疑いで、「got arrested(逮捕された)」してしまったので、かわいそうですよね。

リンジーではないのですが、なにかをゲットしたいときは、あまりガツガツいかないほうがいいのかもしれませんね。特に「laid」をゲットしたい時は。【村井 ユーヤ】

ハリウッドニュース

トピックスRSS

ランキング