アデル、息子の出生届を提出せず過料13万円か

ハリウッドニュース / 2012年12月10日 9時45分

アデル、息子の出生届を提出せずに過料か (c)Hollywood News

歌手のアデルが、今年10月19日に生まれた息子の出生届を出していないことで過料最大1000ポンド(約13万円)を支払うことになるかもしれないことが分かった。

アデルは今年10月、経営者のサイモン・カネッキ氏との間に長男を出産したのだが、42日以内に出生届を提出しなかったと記録事務官は「ザ・サン」氏に明かした。

関係者は「警察官が明日からすぐに彼らの家のドアをノックしに行くことはないでしょう。たぶん2人は見落としていたのだと思います」と語った。

さらに「ほとんどの親が2週間以内に登録します。そうすることが良いからです。そして出生届を出さないと最大で1000ポンドの過料を支払うことになるからです。多くの理由で(提出が)遅くなる人もいますし、たくさんの人が気にしませんね」と話している。アデルとカネッキ氏は今後数週間の間に警告の手紙が届くものと見られている。

アデルは息子の誕生および名前を正式に発表はしておらず、未だに謎が多いが、出生届も提出していなかったとは驚きである。きっと2人は世間から息子のプライバシーを守ろうと必死だったのだろう。【馬場 かんな】

ハリウッドニュース

トピックスRSS

ランキング