M・フォックス、夫婦で殺し合うと思うくらい子育てが大変に

ハリウッドニュース / 2012年12月10日 21時5分

ミーガン・フォックス、子育てが大変 (c)Hollywood News

女優のミーガン・フォックスが、子育ての大変さについて語った。

ミーガンは今年10月に夫で俳優のブライアン・オースティン・グリーンとの間に長男ノア君を出産した。そんなミーガンは「デイリー・ミラー」紙に、「子供を育てるのは大変よ。やらなきゃいけないことがたくさんで、自分の力を過大評価していたから、最初は誰も雇わなかったの。私は赤ちゃんを持つことがどれだけ大変か分からなかったのよ。だから、ブライアンと私はとても疲れてしまったの」と語った。

続けて、「寝られないし、夜通し起きていなくてはいけないの。自分の生活のすべてが、常に自分を必要とするこの小さな子のためにあるの。これは大好きだわ。小さな頃からのあこがれだったの」「私は母親業から得られるだけの満足感を仕事では得られないわ。だから、私は本当に幸せなの。でも2週間前、私はブライアンに言ったわ。『私たちは夜の看護士を雇うか、誰かが(いつも)寝ているから(会話をしなくなって)離婚をしなくてはいけないわ。それかお互いを殺し合うわよ』って」と話している。ミーガンは現在1週間に2回、夜に看護士を雇っている。

ミーガンは子育てをたのしむ気持ちはあるものの、かなり大変だと感じている。彼女のように子供を持って育てることにあこがれる人々は多いが、決して簡単なことではなく、多くの人の助けがいるということなのだろう。【馬場 かんな】

ハリウッドニュース

トピックスRSS

ランキング