ダニエル・ラドクリフ、映画『フランケンシュタイン』の役作りで髪にエクステをつける

ハリウッドニュース / 2013年12月10日 16時0分

髪のエクステをつける前のダニエル・ラドクリフ (c)Imagecollect.

映画『ハリー・ポッター』シリーズの俳優のダニエル・ラドクリフが、映画『フランケンシュタイン』(原題、2015年1月16日全米公開)の役作りのためにヘアエクステンションをつけたことが話題となっている。

同映画は1818年に小説家のメアリー・シェリーが出版した同名の小説が原作で、ダニエルは怪物を作りだしたフランケンシュタイン博士の猫背の助手イゴール役を演じることが決まっている。

そんなダニエルは英BBCのトーク番組「ザ・グレアム・ノートン・ショウ」に肩にまで届きそうな髪の長さになって登場した。髪が急に伸びたのはイゴール役のためにヘアエクステンションをつけたからだそうで、ダニエルは「これは死んだ人の髪の毛なんだ」と語った。司会者のメアリー・ベリーが死んだ人の髪とはかぎらないのではないかと尋ねると、「うーん、僕は死んだ人の髪の毛か、誰かが寄付したものだと思うよ」と答えた。

長髪になって、少しダンディーになったダニエル。イゴールを演じるダニエルの姿を見られるのがたのしみだ。【馬場 かんな】

ハリウッドニュース

トピックスRSS

ランキング