ハル・ベリーがストーカーに命を狙われる

ハリウッドニュース / 2012年2月10日 18時45分

フランスに移住したいハル・ベリー (c)Hollywood News

女優のハル・ベリーが、彼女の命を狙うストーカーから逃れるために、フランスへの移住を計画している。

ゴシップサイト「TMZ」によると、ロバート・ホスキンスという男が先週、精神科の病院から逃げ出したという。なんと彼は入所する前に、ハルの首を切って殺すと何度も彼女に対して脅迫をしていたのだ。この男は、過去に同じようにマドンナの首を切ると脅迫をしていたことがあり、1995年にマドンナの自宅に侵入しようとして、彼女のボディーガードに銃で撃たれたことがあった。ロサンゼルス市警察は、ホスキンスは薬を服用していないと暴力的になる可能性があると発表している。

ハルは、セレブの家を紹介して回るバスツアーが観光客を彼女の家の前まで連れて来ることや、ハルの自宅に何度も侵入を試みたほかのストーカーが最近になって刑務所から釈放されたことにも頭を悩ませているようだ。

彼女は、娘のナーラちゃんの安全のためにも、婚約者であるフランス人俳優のオリヴィエ・マルティネスの母国であるフランスに移住したいと思っているようだが、ナーラちゃんの親権をめぐって法廷で戦っている元恋人でモデルのガブリエル・オーブリーはそうはさせないと考えているという。

ハルは、自分や娘の命を脅かす可能性のある凶悪なストーカーが野に放たれた状態になっていることに、とてつもない恐怖を感じているだろう。フランスに住むことを夢見ているハルだが、まずは人に彼女が住んでいると知られている今の家から引っ越すべきなのかもしれない。【村井 ユーヤ】

ハリウッドニュース

トピックスRSS

ランキング