アカデミー賞有力作! 人口知能とのラブストーリー『her/世界でひとつの彼女』6月公開決定

ハリウッドニュース / 2014年1月10日 12時40分

人工知能とのラブストーリーを描いた『her/世界でひとつの彼女』 Photo courtesy of Warner Bros. Pictures

人口知能とのラブストーリーを描いた『her/世界でひとつの彼女』が、6月28日より全国ロードショーとなることが決定した。

ナショナル・ボード・オブ・レビュー作品賞に輝いた作品は13年連続アカデミー賞作品賞ノミネートを果たしているため、アカデミー賞出馬は確実視されている本作。ゴールデン・グローブ賞3部門ノミネート、6つもの米批評家協会賞で作品賞・監督賞のノミネーション、そして<史上初>声だけの出演で第8回ローマ国際映画祭最優秀女優賞を受賞(スカーレット・ヨハンソン)と、注目を集めている。

脚本・監督は、現代アメリカ若手最高の映画作家、スパイク・ジョーンズ。本作は、『かいじゅうたちのいるところ』(09)以来約4年ぶりの長編映画であり、初の単独脚本作品となる。

出演にホアキン・フェニックス、エイミー・アダムス、ルーニー・マーラ、そして主人公を魅了し、ときに翻弄する人工知能型OSシステム“サマンサ”にスカーレット・ヨハンソン。声だけの出演ながら、人間よりも人間らしくかつてない魅力を持ったガールフレンドを演じ、恋に落ちてしまう主人公の気持ちにリアリティを与えている。――誰も感じたことのない愛おしさ、切なさがぎゅっと詰まったラブストーリーになっている。

既に公開されている全米では大きな反響を呼んでおり、先日もiPhoneに搭載されているアプリケーション「Siri(話しかけると、質問に答えたり、iPhoneの使用を手助けしてくれる秘書機能)」が、本作の人工知能型OSシステム“サマンサ”を嫌っていると話題になっていた。

本年度アカデミー賞最有力候補と呼び声高い本作。ゴールデン・グローブ賞、そして続くアカデミー賞の受賞にも期待がかかる。

■『her/世界でひとつの彼女』
6月28日(土)新宿ピカデリーほか全国ロードショー
Photo courtesy of Warner Bros. Pictures【ハリウッドニュース編集部】

ハリウッドニュース

トピックスRSS

ランキング