アッシャー、義理の息子の脳死に「引き裂かれる思い」

ハリウッドニュース / 2012年7月10日 14時10分

歌手として活躍するアッシャー (c)Hollywood News

歌手のアッシャーが、義理の息子で11歳のカイル・グローヴァー君が事故に巻き込まれて脳死と判定されたことに、「引き裂かれる思い」だという。

現地時間7日にアッシャーの元妻でスタイリストのタメカ・フォスターの息子のカイル君が、ジョージア州のレニア湖で浮き輪に乗っていたところ、ジェット・スキーに頭を衝突されて病院に運ばれた。翌日に脳死と判定されたが、まだ生命維持装置を外すかどうかの判断はされていないそうだ。

事故を起こしたのは38歳の男性で、タメカら家族の友人だったそうだ。カイル君のほかにも浮き輪に乗って一緒にいた15歳の女の子も事故に巻き込まれているという。

カイル君はタメカがアッシャーと結婚する前にできた子供の1人で、タメカはアッシャーとの間に2人の息子がおり、合計4人の息子の母親である。

離婚後親権争いもあってアッシャーはタメカと不仲が報じられているが、彼はカイル君ととても親しかったそうだ。関係者はゴシップ誌「Usウィークリー」に、「彼はカイルを愛していました。この事故は恐ろしく、悲劇です。アッシャーは引き裂かれる思いです」と語った。

義理の息子のカイル君をとても愛していたというアッシャー。この悲劇の傷はアッシャーやカイル君の家族にとって癒えることはないのかもしれない。【馬場 かんな】

ハリウッドニュース

トピックスRSS

ランキング