ヒラリー・ダフ、アーロン・カーターの求愛に「心地良くない」とコメント

ハリウッドニュース / 2014年10月10日 14時0分

昔交際していたヒラリー・ダフとアーロン・カーター (c)Imagecollect.

女優のヒラリー・ダフが、元恋人で歌手のアーロン・カーターからの求愛に再びコメントした。

ヒラリーとアーロンは2003年に約3年間の交際の末に破局。破局の原因はアーロンが女優のリンジー・ローハンと二股をかけたからだと言われている。ヒラリーは元プロ・アイスホッケー選手のマイク・コムリーと2010年に結婚し、2012年に息子ルカ君を出産するが、今年1月に破局を発表している。

その後の今年3月にアーロンはツイッターで、「ヒラリー・ダフは完ぺき」「人生で一番愛する人を一生失うようなバカなやつになっちゃだめだよ。僕のように」とつぶやき、今年4月にはインタビューで「もしまたチャンスがあったら、彼女を夢中にさせるよ。それで、自分が間違ったことを直すんだ」「ヒラリーのことは諦めない。決して」と語っていた。

そして、ヒラリーは先月、そのラブコールについて「どう思うかなんて分からないわね。なんていうか、すごく前の話で、明らかに私はまだ結婚しているわ。それに赤ちゃんもいて……」「私たちはお互いをあまり知らないのよ」とコメントしていた。そして、そのコメントに対しアーロンは「僕もヒラリーのことは分からない。彼女も僕を知らなくて、僕も彼女を知らない。このことについて今は黙っておく必要があるよ。たぶん、時が来たんだ」と消極的な姿勢を見せていた。

そんなヒラリーは現地時間8日にトーク番組「Watch What Happens Live」で再びアーロンのラブコールについて聞かれた。ヒラリーは「分からない。なんて言ったらいいか分からないわ! 何年も前のことなの。ずいぶん彼に会っていないわ……だから、心地良くないの」と答えた。そして、司会者のアンディー・コーエンが「彼はツイッターで公に君のことを感じているんだよ」と言うと、「感じられるのは良いことよ」とコメントした。また、「彼はとてもスウィートだったわ……私が13歳だった時ね」と語っている。

ヒラリーは自分の気持ちを伝えつつ、アーロンの気持ちを考えてコメントをしていて、とても好感が持てる。【馬場 かんな】

ハリウッドニュース

トピックスRSS

ランキング