デミ・ムーア、24歳年下の新恋人に振られる?

ハリウッドニュース / 2012年12月11日 11時25分

デミ・ムーア、早くも新恋人と破局か (c)Hollywood News

女優のデミ・ムーアが、映画『夜になるまえに』(00)の監督で画家のジュリアン・シュナーベルの26歳の息子でアートディーラーのビトー・シュナーベルさんと破局したという。

現在50歳のデミと26歳のビトーさんは先月初め頃から交際がスタートしていたのだが、「ニューヨーク・ポスト」紙はビトーさんがデミを振ったと報じている。

原因はデミがビトーさんが出席するアートショーArt Baselのためにフロリダ州マイアミまでわざわざ飛行機で行ったことや、ビトーさんが有名セレブと交際することで注目されることだそうだ。関係者は、「ビトーはアートビジネスのために毎日一生懸命働いていて、有名人と付き合っている人だという目で見られたくないのです。彼とデミのことが噂になってから取材陣に追いかけられるのが嫌なのです」と話した。

さらに「彼はビジネスのために一生懸命な時に、デミがArt Baselでパーティーをするために飛んできたことをあまり喜んでいませんでした。大物のコレクターたちがいるのに、気が散ってしまったのです」と語っている。

デミは新しい恋人ができてうれしかったのかもしれないが、26歳の彼にとっては自分の将来の大切な時期のため、仕事に集中したい気持ちがあったようだ。デミほど有名な人と交際することは今の彼にとっては大きな障害になってしまったのかもしれない。【馬場 かんな】

ハリウッドニュース

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング