ケイティ・ペリー、元夫ラッセル・ブランドのことはもう気にしていないと語る

ハリウッドニュース / 2013年12月11日 17時30分

人気歌手のケイティ・ペリー (c)Imagecollect.

歌手のケイティ・ペリーが、元夫でコメディー俳優のラッセル・ブランドについて語った。

ケイティは2010年にラッセルと結婚するが、彼が2011年12月にケイティとの離婚を発表し、昨年2人は正式に離婚した。ケイティは当時について、ファッション誌「Marie Claire」に「私は結婚の真実を知ったあと、『OK、分かったわ。こんなの耐えられない。強烈すぎるわ』って思っていた2週間があったの。私はただ(スナックの)Flamin’ Hot Cheetoを食べて、飲んでいたわ。それだけよ」と語った。

昨年7月から歌手のジョン・メイヤーと交際しているケイティは、今年3月に1度破局しており、その時の心境について、「自分に何が起きているのかっていう心中を探すのは冷たい水しぶきのようだったわ。それが気づかせてくれたの。もし、自分を愛せなかったら、私が求めている愛を保ち続けることはできないって。私は元夫のことで対応をする必要があったの。私がその(ラッセルの)ことを話していると、私がすごく気にしているようだけれど、そんなことないわ」と明かしている。

また子供を作ることに関しては、まだ考えていないと話し、「そんなに先のことは計画できない。家族を持つって決めたら、少しの間お母さんになりたいわね。(ラッセルは)私に子供を作ってほしかったの。私はまだ準備ができていないって分かっていたわ」「もし、子供ができたら(自分を)犠牲にしなきゃいけないの。もっと家にいなくてはいけないから。すごく望んでいたけれど、私は準備ができてなかったわ。『ねぇ、私たちは愛し合っているから、子供を作りましょう』って感じではなかったの」と話した。

ケイティはラッセルとの離婚でかなり傷ついていたが、乗り越えることができたようだ。きっとジョンの存在も乗り越えることに大きく関わったのだろう。【馬場 かんな】

ハリウッドニュース

トピックスRSS

ランキング