リアーナ、恋をすると臆病になる?

ハリウッドニュース / 2012年7月11日 19時50分

リアーナ、音楽やファッションはタトゥーやヘアカラーで反骨心を表現 (c)Hollywood News

リアーナが、歌手としてだけでなく奇抜なファッションや私生活について話していました。

リアーナは、ファッションマガジン「ハーパース・バザー」8月号でカバーを飾っています。Calvin Klein[カルバン・クライン]コレクションのホワイトドレスに身を包み、Neil Lane[ニール・レーン]のゴールドブレスレットを着けて、更に美しく見せています。

リアーナはインタビューで、プライベートな質問に答えていました。

「私は音楽やファッション、タトゥーや髪の毛で反骨心を表しているの。でも、“ラブライフ”に関しては他にないくらい保守的よ。もし、とってもクールな人がいてデートをしたとしても、より親密になりそうになった途端、相手を寄せ付けないの。恋に落ちると感情が激しくなるの。気持ちの変化はお金でどうこうできるものではないわ。一瞬のうちに世界が変わってしまう感じよね。今まで私の知っていたものが全て違うものだったって気付くの。人生でこんなに苦しいことなんてなかったし、恋をして苦しい想いをすることに臆病になってしまうの」と話し、“ラブライフ”では1人の女性としてさまざまな感情を抱いているようです。

歌手としてのリアーナはとても力強く物怖じしないパワフルな女性に見えますが、恋をすると違った一面を見せるようですね。【フェスミィ 松尾】

ハリウッドニュース

トピックスRSS

ランキング