クリス・ブラウン、131日間の拘置所生活を言い渡される

ハリウッドニュース / 2014年5月12日 10時0分

歌手のクリス・ブラウン (c)Imagecollect.

歌手のクリス・ブラウンが、現地時間9日に131日間の留置所生活を言い渡された。

クリスは昨年男性を激しく暴行したとして、暴行罪で逮捕された。クリスは2009年に当時恋人であった歌手のリアーナを暴行したことで、保護観察中であった。

そして、クリスは9日にロサンゼルスの裁判所で保護観察違反を認め、131日間の留置所生活を言い渡されたとゴシップサイト「TMZ」は伝えている。クリスはもともと1年間の留置所生活を送る必要があったそうだが、すでに234日間のクレジットがあるため、残りの131日が残ったそうだ。しかし、わずか6日間でクリスが留置所から出てくる可能性があるという。

また、裁判官はクリスに1週間に2回のセラピーセッションと3回のドラッグテストを命じている。

クリスは昨年11月に怒りを抑制する治療のために90日間リハビリ施設に入所。出所後も2か月間リハビリ施設で治療を続けるように言われていたが、施設のルールを破ったことで追い出されてしまっていた。これは保護観察中の違反行為になるため、そのまま逮捕されて留置所生活を送っていた。

私生活で多くの注目が集まるクリス。ファンは彼が早く音楽活動だけに集中してくれる日を待っているだろう。【馬場 かんな】

ハリウッドニュース

トピックスRSS

ランキング