ランディ・ジャクソン、ついに「アメリカン・アイドル」を降板

ハリウッドニュース / 2014年11月12日 14時30分

シーズン1から「アメリカン・アイドル」に出演してきたランディ・ジャクソン (c)Imagecollect.

オーディション番組「アメリカン・アイドル」の審査員をシーズン1から務めてきたランディ・ジャクソンが現地時間11日、同番組を降板すると発表した。

ランディは同番組のシーズン14には出演しないと明かしており、エンターテインメント情報サイト「デッドライン」に「13シーズンのあと、『アメリカン・アイドル』を去るのにパーフェクトな時だと感じました」「素晴らしいアーティストを見つけることができ、シリーズの一員になれたことを誇りに思います。そして、この番組はテレビで最も成功した番組の1つとして歴史にずっと残るでしょう」とコメント。

また、FOXとプロデューサー側はランディの同番組でのこれまでの活躍を称賛し、「我々は彼の次のチャプターを応援しています。ランディはいつまでも我々『アイドル』の家族で、時々訪れてくれるのを願っています」とゴシップ誌「Usウィークリー」に話している。

ランディはシーズン12後に番組を降板することを明かしていたが、教育係として番組に出演していた。

ランディが番組を完全に去るのはさみしいが、彼が別の道で活躍していくことを応援したい。【馬場 かんな】

ハリウッドニュース

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング