女優ローレン・バコールさん、89歳で死去

ハリウッドニュース / 2014年8月13日 15時0分

生前のローレン・バコールさん (c)Imagecollect.

女優のローレン・バコールさんが、現地時間12日にニューヨークの自宅で亡くなった。89歳だった。

ローレンさんの死は彼女の夫であった俳優のハンフリー・ボガートさんの遺産管理団体のツイッターにて発表された。「深い悲しみ、彼女の素晴らしい人生への感謝と共に、我々はローレン・バコールが亡くなったことを発表します」と綴られている。

ローレンさんは1944年の映画『脱出』で映画デビュー。その後、1970年に「アプローズ」で、1981年に「ミス・今年最高の女性」でトニー賞主演女優賞を受賞。映画『マンハッタン・ラプソディ』(96)ではゴールデングローブ賞助演女優賞を獲得した。2009年にはアカデミー賞名誉賞を受賞している。最近では映画『The Forger』(12)に出演していた。

私生活では『脱出』で共演した俳優のハンフリーさんと1945年に結婚。彼が1957年にがんで亡くなるまで連れ添った。2人の間には息子と娘が1人づついる。その後は俳優のジェイソン・ロバーズと1961年に結婚。息子を1人授かるが1969年に離婚している。

ローレンさんの長年の功績は彼女が亡くなってからもずっとハリウッドで生き続けるだろう。【馬場 かんな】

ハリウッドニュース

トピックスRSS

ランキング