『ハンガー・ゲーム』、facebookで最も話題となった映画と本に

ハリウッドニュース / 2012年12月13日 15時30分

『ハンガー・ゲーム』のキャスト、プレミアにて (c)Hollywood News

大ヒット映画『ハンガー・ゲーム』(12)が、2012年にfacebookで最も話題となった映画に輝き、さらに原作の小説も1位にランクインした。

世界最大のソーシャル・ネットワークであるfacebookは、今年9月にユーザー数が10億人を突破し、コミュニケーションを取る手段として多くの人々に利用されている。そんな同サイトは現地時間12日、2012年facebook上で最も話題となった映画、曲、テレビ番組、本、有名人を発表した。

そして、小説家のスーザン・コリンズの書いた小説「ハンガー・ゲーム」シリーズが、本の部門で1位、2位、3位を独占し、今年公開された映画は、『アベンジャーズ』(12)を抑えて映画部門でも1位となった。

また、曲部門では人気グループfun.の「We Are Young(feat.Janelle Monae)」が、テレビ番組部門では米リアリティー番組「Duck Dynasty(原題)」が、有名人部門ではバラク・オバマ米大統領が1位に輝いている。

『ハンガー・ゲーム』はシリーズ2作目の『The Hunger Games:Catching Fire』(原題、2013年11月22日全米公開)、シリーズ3作目の『~:Mockingjay-Part1』(原題、2014年11月21日全米公開)と『~:Mockingjay-Part2』(原題、2015年11月20日全米公開) が2部構成で公開される予定で、まだまだ話題となりそうだ。来年はどんなことがfacebookで話題となるだろうか?【馬場 かんな】

ハリウッドニュース

トピックスRSS

ランキング