アンジェリーナ・ジョリーの4歳の娘が女優デビューで大金を稼ぐ

ハリウッドニュース / 2013年2月13日 11時45分

女優デビューを果たしたヴィヴィアン・ジョリー・ピットちゃん (c)Hollywood News

アンジェリーナ・ジョリーとブラッド・ピットの4歳の娘のヴィヴィアン・ジョリー・ピットちゃんが新作映画『Maleficent』(原題・日本公開未定)で映画初出演ながらも高額な出演料を受け取ったことが明らかになった。

ゴシップサイト「TMZ」によると、ヴィヴィアンちゃんの出演料は、1週間で3000ドル(約28万円)で、それに加えて毎日のお小遣いとして60ドル(約5600円)が支払われたようだ。

ヴィヴィアンちゃんが出演する同映画は、童話「眠れる森の美女」に登場する悪い魔女を題材にしたファンタジースリラーであり、主役の魔女を演じるのがアンジェリーナなのである。ヴィヴィアンちゃんは、女優エル・ファニング演じるオーロラ姫の幼少期を演じるという。パックス君とザハラちゃんも、小さな役で同映画に出演しているらしい。

アンジェリーナとブラッドという世界的な大スターの遺伝子を持つヴィヴィアンちゃんは、はたしてどのような演技を見せてくれるのだろうか?【村井 ユーヤ】

ハリウッドニュース

トピックスRSS

ランキング