ドレイク・ベルが破産を申請

ハリウッドニュース / 2014年2月13日 10時0分

ニコロデオン出身の俳優ドレイク・ベル (c)Imagecollect.

米ケーブルチャンネルのニコロデオンで放送されたシットコム「ドレイク&ジョシュ」の番組で人気となったドレイク・ベルが、破産を申請したことが分かった。

ドレイクが申請した書類によると、彼は58万1000ドル(約5926万円)の負債があるとゴシップサイト「TMZ」は伝えている。また、彼の家は157万5000ドル(約1億6065万円)の価値があるのに対し、彼は159万7000ドル(約1億6289万円)を借りているという。

ドレイクは現在1か月で2820ドル(約28万円)稼いでいるが、1万8771ドル(約191万円)の費用がかかっていると主張。2012年は40万8000ドル(約4161万円)を稼いだドレイクであるが、2013年は1万4099ドル(約143万円)しか稼ぐことができなかったという。

ドレイクといえば、歌手のジャスティン・ビーバーをたびたび非難することで最近は注目を浴びていた。

まだ26歳のドレイクだけに、今後もキャリアを積んでいきたいと考えているだろう。【馬場 かんな】

ハリウッドニュース

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング