リアーナ、精神病にかかっている可能性?

ハリウッドニュース / 2012年6月13日 20時10分

派手な私生活を送るリアーナ (c)Hollywood News

歌手のリアーナが、精神病にかかっているかもしれないそうだ。

現在24歳のリアーナは、自身のツイッターやフェイスブックにトップレスの写真をアップしたり、写真共有サイト「インスタグラム」にコカインのような白い粉を刻んでいる写真を載せたり、パーティーのしすぎで病院に運ばれたりと世間を驚かせる行動が目立っている。

そんなリアーナについて彼女の友人は「デイリー・スター」紙に、「彼女はもう限界なのです。リーは肉体的に精神的にも限界で、心がない感じがすると話しています」と話した。

さらに「彼女は本当に助けと休養が必要です。仕事だけではなくて、彼女の人生のほかのことからもです」と語っている。

また心理学者のジョー・ヘミングス氏は、「リアーナの奇行は彼女が自己愛性パーソナリティー障害と闘っていることを表しています。症状は不自然なまでの自尊心と常に注目されたいという思いです。リアーナは自分のセミヌード写真を公開しています」と明らかにし、カウンセリング次第で原因が分かると話している。

リアーナは歌手として活躍する一方、派手な私生活で話題も多い。彼女にとってこれまでの行動はファンサービスなのかもしれないが、多忙な彼女が精神的や肉体的に疲れているのは確かなのかもしれない。【馬場 かんな】

ハリウッドニュース

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング