デミ・ロヴァート、ネットいじめをする人は「心がない」

ハリウッドニュース / 2012年3月13日 16時50分

ネットいじめに反対のデミ・ロヴァート (c)Hollywood News

女優・歌手のデミ・ロヴァートが、ネットいじめをする人は「心がない」と話している。

デミは自身がいじめられていたという過去を告白し、摂食障害などが原因でリハビリ施設に入っていたことがある。そのため、いじめにあっている子たちや摂食障害を抱えている人たちを積極的にサポートしている。

そんなデミは現地時間12日に自身のツイッターで、「インターネット上でひどいことを言う人たちがいるなんて本当に驚きだわ。こんなにネットいじめについて言われてきているのに……ワォって感じよ。とても悲しいわ」とツイートした。

続けて、「インターネットで人々をいじめることがOKだって感じている世界中の人たちに祈りを捧げるわ」とつぶやき、「きっと子供のころに最悪なことが起こったか、頭が病気なのね。心がなくて産まれてくることはきっと嫌に違いないわ」と皮肉を言った。

インターネット上は顔が見えないからといって、自分の書きたいことを書き、相手を傷つけたと感じていない人も多いのだろう。面と向かって言えないことも言えてしまうのがインターネットの怖いところである。デミのツイッターが拡散し、ネットいじめをしている人たちに伝わることを願いたい。【馬場 かんな】

ハリウッドニュース

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング