アカデミー賞受賞で話題のルピータ・ニョンゴ、ラッパーの恋人がいたことが明らかに

ハリウッドニュース / 2014年3月13日 9時30分

現地時間2日にアカデミー賞助演女優賞を受賞したルピータ・ニョンゴ (c)Imagecollect.

映画『それでも夜は明ける』(現在公開中)で第86回アカデミー賞助演女優賞を受賞したルピータ・ニョンゴが、ラッパーのケイナーンと交際していることが明らかになった。

ケニア出身のルピータとソマリア出身のケイナーンは昨年9月から交際していると関係者はゴシップ誌「Usウィークリー」に伝えている。友人は「彼女は彼の人道主義のところが大好きです」「彼らは2人共アメリカの問題に熱心ですよ」と語っている。

ケイナーンは元妻との間に2人の息子がいるそうだが、その友人は「彼女はまだ彼の子供たちには会っていません」と話している。

ルピータはこの賞レースシーズンで一躍注目されるようになり、『ダラス・バイヤーズクラブ』(現在公開中)でアカデミー賞助演男優賞を受賞したジャレッド・レトと恋の噂をされるまでに。ジャレッドはインディペンデント・スピリット賞を受賞した時のスピーチでルピータのことを「未来の妻」と呼んで話題となっていた。

ルピータもジャレッドとの熱愛の噂にジョークで返して、笑いをとっていたが、実は本命の彼がいたようだ。【馬場 かんな】

ハリウッドニュース

トピックスRSS

ランキング