女優クリスティン・チェノウェス、治療専念で「グッド・ワイフ」を降板

ハリウッドニュース / 2012年8月14日 11時5分

女優クリスティン・チェノウェス、テレビドラマ「グッド・ワイフ」を降板 (c)Hollywood News

女優のクリスティン・チェノウェスが、先月、撮影現場で頭部を強打した事故により人気テレビドラマ「グッド・ワイフ」を降板することが明らかになった。

クリスティンはアメリカ時間7月11日、同テレビドラマの撮影現場で、撮影に使用されていた照明器具が強風によって倒れ、クリスティンの頭に直撃し病院に運ばれた。クリスティンは倒れた際、コンクリートにも頭を打ちつけていたという。複数の目撃者がクリスティンが死んでしまったかと思ったと語るぐらい、非常に悲惨な状況だったことを公表した。

そして同事件から約1か月後のアメリカ時間8月13日、クリスティンは、「私は、このけがを負ったことにより『グッド・ワイフ』に戻ることができなくなってしまったという遺憾の意を皆様に伝えなければなりません。現在は少しずつ回復してきています。そして、心配してくださった皆様本当にありがとうございます」と声明文を出した。

クリスティンにとって同テレビドラマを降板することは非常に悲しいことだと思うが、ファンはやはりクリスティンが治療に専念し、再びスクリーンに元気な姿で帰って来ることを望んでいるはずだ。ここはあせらず療養してほしい。【村井 ユーヤ】

ハリウッドニュース

トピックスRSS

ランキング