ケイティ・ペリーがグラミー賞で元夫との関係についての新曲を熱唱

ハリウッドニュース / 2012年2月14日 10時40分

グラミー賞で元夫との別れについての曲を歌ったケイティ・ペリー (c)Hollywood News

27歳の歌手ケイティ・ペリーがアメリカ時間2月12日に開催された第54回グラミー賞で、離婚をすることになった36歳の元夫ラッセル・ブランドとの関係についての新曲「Part of Me」を初披露した。

青い髪を輝かせたケイティは、近未来風のボディースーツのようなタイトな衣装に身を包み、次のような歌詞の同曲を力強く熱唱した。

「あなたは私を噛み砕いて、吐き出した。まるであなたの口で私が毒だったかのように。あなたは私の光を奪い、どぶに捨てた。でもそれはあの時だけで、今は今よ。私を見て。私は輝いているわ。あなたはもう私を惑わせない。ダイヤモンドの指輪は持っておいていいよ。それに何の意味もないのだから」。

ケイティは俳優・コメディアンのラッセルと2010年の10月にインドで結婚式を挙げた。しかし、昨年12月30日にラッセルが離婚届を提出し、今年の2月に2人は離婚条件に合意をしたのであった。

離婚は友好的に進められていたようだが、ケイティは今回の新曲でラッセルによって心が傷つけられていたということを明らかにした。しかし彼女は同時に、前に進むという強い決意を示したのである。【村井 ユーヤ】

ハリウッドニュース

トピックスRSS

ランキング