キム・カーダシアン、元夫クリスからのプロポーズは撮り直しだったことが発覚

ハリウッドニュース / 2013年3月14日 19時55分

結婚していた当時のキム・カーダシアンとクリス・ハンフリーズ (c)Hollywood News

リアリティースターのキム・カーダシアンが、番組内でNBA選手のクリス・ハンフリーズにプロポーズされたが、それは撮り直しをしていたことが判明した。

キムはクリスと2011年10月に72日間の結婚生活の末に離婚を発表。現在キムは恋人で歌手のカニエ・ウェストの子供を妊娠しているが、クリスとの離婚は成立していない。というのも、クリスはキムが彼女のリアリティー番組のために自身と結婚したと主張しているためである。

そして、キムのリアリティー番組「Keeping Up With the Kardashians」のプロデューサーであるラッセル・ジェイ氏が、番組で放送したクリスのプロポーズは、キムが自身のリアクションが気に入らないという理由で撮り直しをしたものであったと認める書類を裁判所に提出したとゴシップ誌「ライフ&スタイル」は伝えている。また、ジェイ氏はいくつかほかのシーンでも取り直しや台本があったことなどを認めている。

関係者は「どれだけキムと番組が作り上げられたものか証明することになりますよ」と話している。また、ジェイ氏の証言でキムはクリスにかなりの額の慰謝料または賠償金を支払うことになるのではないかとゴシップサイト「ペレズ・ヒルトン」は伝えている。

以前、キムとクリスの結婚は番組のためだったのではないかということについて、キムの姉のコートニーが、「それだったら、(NBA選手のクリスじゃなくて)もっと有名人を選んでいたと思うわ」とコメントしていた。

クリスのプロポーズのシーンが撮り直しされていたという事実を明かされたことは、キムにとって不利な証言になることは間違いない。2人の離婚はどんな結末を迎えるのだろうか?【馬場 かんな】

ハリウッドニュース

トピックスRSS

ランキング