マイリー・サイラス、コンサートでの過激発言は元婚約者リアムのことではないと説明

ハリウッドニュース / 2014年5月14日 12時5分

破局前のマイリー・サイラスとリアム・ヘムズワース (c)Imagecollect.

歌手・女優のマイリー・サイラスが、コンサートでの過激発言についてコメントした。

マイリーは現地時間9日にイギリスのロンドンにあるクラブ「G.A.Y」で行ったコンサートで、失恋ソング「Wrecking Ball」を歌う前に昨年9月に破局した元婚約者で俳優のリアム・ヘムズワースを批判するような発言をしたとして話題となっていた。

マイリーは、「あなたが車に乗るたびに、ラジオで私の曲を聞くわよ、クソ野郎。そうよ。私は服を全部脱いで、大きなアソコに座るの。時々2つよ。私はぶらぶらゆれて、それでVevoの最も再生されたミュージックビデオの記録を持ち続けるの」「もし、私が男だったら、大きなアソコを持っていたでしょうね。だって、私は今、自分に満足しているから。だから、私の心を壊したマザーファ●カーたちに言うわ、特にある人に。私の大きなアソコをなめて、残りの人生ずっとこの曲を聞くことをたのしむようにって。この曲は『Wrecking Ball』よ」と話していたのである。

「Wrecking Ball」はリアムへの心情が歌われていると言われており、この発言はリアムに対してだと思われていた。しかし、マイリーは現地時間13日にツイッターで「この前の夜にG.A.Yで私が言った発言は、リアムとは関係ないわ。私はただ男の子たちを盛り上げようとしていただけよ」と明かし、さらに「私はタブロイドのことにはいつもコメントしないけど、このことは広まってほしくないことよ。憎らしく聞こえたかもしれないけれど、私が意味していたこととは違うわ」「私は自分が気にかけている人のことについて憎らしいことを言われたいと思わないわ。私はただすごーーーく、盛り上がっていたの」と説明している。

マイリーは会場を盛り上げようと、過激な発言をしてしまったようだが、多くの人の誤解を招いてしまい、度が過ぎていたのかもしれない。【馬場 かんな】

ハリウッドニュース

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング