J・ビーバー、セレーナ、アシュレイもサポート! カーリー・ラエ・ジェプセンとは?

ハリウッドニュース / 2012年4月15日 11時30分

多くのセレブが応援する注目歌姫カーリー・ラエ・ジェプセン (c)Hollywood News

歌手のジャスティン・ビーバーの所属事務所と契約した、カナダ出身の歌手カーリー・ラエ・ジェプセンが世界から注目されている。

カーリーは、歌手発掘オーディション番組「カナディアン・アイドル」のシーズン5(2007年)でファイナリストとして残り、カナダで歌手活動を行っていた。

そんな彼女に転機が訪れたのは昨年12月。ジャスティンが自身のツイッターに彼女の曲「コール・ミー・メイビー」についてツイートして、その名が世界に知らされることになった。

ジャスティンは以前当時のことを、「カナダにいた時に、ラジオで『コール・ミー・メイビー』っていう曲を聞いたんだ。それでこの曲はすごいって思ったのさ」と語っていた。

今年2月にジャスティンと恋人でディズニーチャンネルのスターのセレーナ・ゴメス、アシュレイ・ティスデイル、ボーイバンド「ビッグ・タイム・ラッシュ」らが、カーリーの同曲に合わせて歌って踊るという手作り感ある動画がYouTubeにアップロードされて話題となった。

このビデオは有名人の彼らたちが「Call me maybe(たぶん電話して)」という歌詞の時に携帯電話や指で電話のかたちを作って歌ったり、ジャスティンとセレーナがキスをしようとするところでアシュレイが割り込んできたりとかなりたのしそうなビデオとなっている。

最近では、ジャスティンと一緒に出演した人気トーク番組「エレンの部屋」でアメリカのテレビデビューをしたり、カーリーとジャスティンでコラボ曲を作ると発表されたりした。今後ますます世界で活躍していくことが期待される。【馬場 かんな】

ハリウッドニュース

トピックスRSS

ランキング