ビリー・ジョエルの娘アレクサ・レイ・ジョエル、ステージで倒れて病院に運ばれる

ハリウッドニュース / 2014年4月15日 15時0分

ビリー・ジョエルの娘アレクサ・レイ・ジョエル (c)Imagecollect.

歌手のビリー・ジョエルとモデルのクリスティ・ブリンクリーの28歳の娘アレクサ・レイ・ジョエルが、現地時間13日にニューヨークの「Cafe Carlye」で行われたコンサート中に倒れて病院に運ばれた。

アレクサは自身のコンサート中に意識を失ってしまい、病院に運ばれて、血管迷走神経性失神と診断されたとゴシップ誌「Usウィークリー」は伝えている。血圧の低下によって脳血流が低下して意識がなくなってしまう症状で、命に別状はないという。

この日は2週間にわたる「Cafe Carlye」での最後の公演だったそうで、アレクサは表明文で「私は最後のパフォーマンスを楽しみにしていて、一生懸命やりきろうと思っていました。私は本当に最後の公演を成功させたかったです。しかし、この出来事は私の頭の中にはありませんでした。近いうちに素晴らしい観客のためにもう1度公演ができる機会が与えられることを願っています。ご心配、ありがとうございました」とコメントしている。

アレクサのファンは心配しただろうが、彼女が大丈夫と聞いて安心したに違いない。【馬場 かんな】

ハリウッドニュース

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング