ヘイデン・パネッティーア、第1子となる女の子を出産

ハリウッドニュース / 2014年12月15日 10時0分

妊娠していた時のヘイデン・パネッティーア (c)Imagecollect.

25歳の女優ヘイデン・パネッティーアが、現地時間9日に第1子となる女の子を出産した。

ヘイデンは昨年3月にウクライナ出身の世界ヘビー級チャンピオンのボクサーであるウラジミール・クリチコと婚約。今年5月に妊娠が明らかになった。

そして、ヘイデンの代理人はゴシップ誌「Usウィークリー」に、9日に7ポンド14オンス(約3571グラム)の20インチ(約50.8センチメートル)で女の子が誕生したと伝えた。女の子はカヤ・クリチコと名付けられている。

ヘイデンは身長が5フィート2インチ(約157センチメートル)でウラジミールは6フィート6インチ(約198センチメートル)と言われており、40センチメートル差のカップル。そのため、ヘイデンは以前、普通サイズの子供が生まれるのではないかと話していた。

ヘイデンの娘カヤちゃんがどんな子に育つかたのしみである。【馬場 かんな】

ハリウッドニュース

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング