エル・ファニングの“宇宙式”ラブシーン?『パーティで女の子に話しかけるには』メイキング映像

ハリウッドニュース / 2017年11月15日 11時0分

『パーティで女の子に話しかけるには』のアレックス・シャープとエル・ファニング

今もなお「生涯のベスト1」の声多き名作『ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ』の原作・監督・脚本・主演を務めたジョン・キャメロン・ミッチェルの待望の最新作『パーティで女の子に話しかけるには』が、12月1日(金)より全国順次公開となる。そしてこの度、エル・ファニングとアレックス・シャープによる摩訶不思議な“宇宙式”の数々のラブシーンの撮影風景を捉えた、作品の唯一無二のキュートさが伝わるメイキング映像が解禁となった!

77年のロンドン郊外を舞台に、パンクに憧れながらも内気な少年エン(アレックス・シャープ)と、遠い惑星からやってきた美しい少女ザン(エル・ファニング)との48時間の恋をどこか懐かしくも斬新に描いていく本作。公開された映像で最初に捉えるのは、ファニングがアイデアを出したという、ふたりが愛情表現を示すシーンの撮影風景。ミッチェル監督が笑いながら「もう1回!大声を出し続けて!」と指示をする先には、普段やることのない不思議な行為に対する恥じらいからか笑いが止まらずなかなかうまくいかない様子のファニングとシャープの姿が。また、ふたりが向き合ってクレイジーに飛び跳ね合うシーンでは、監督自らの演技指導も入り、縦ノリとも違うノリノリのラブシーンの撮影風景が捉えられている。

この映像からも、演じるふたり自身が心からその場を楽しみ、息もピッタリな様子が伺えるが、ミッチェル監督は、「撮影中、エルは本気とまではいかないまでもアレックスに恋をしていたと思います。女の子の気持ちは見ていればすぐ分かるものです(笑)」と、驚くべき事実を暴露。

この映像からもうかがえるふたりの夢のような時間はどのように過ぎ、どんな奇跡を生み出すのかぜひ映画館で確かめてほしい。

■『パーティで女の子に話しかけるには』 
2017年12月1日(金) 新宿ピカデリー、ヒューマントラストシネマ渋谷他全国順次ロードショー
(c) COLONY FILMS LIMITED 2016

ハリウッドニュース

トピックスRSS

ランキング