没後50年のメモリアル作品『マリリン・モンロー 瞳の中の秘密』10月に公開決定

ハリウッドニュース / 2013年7月16日 15時30分

没後50年のメモリアル作品『マリリン・モンロー 瞳の中の秘密』 (c)2012 Diamond Girl Production LLC. All Rights Reserved. 

死後50年たって初公開された、マリリン・モンロー自筆の文書を基にした奇跡のドキュメンタリー『マリリン・モンロー 瞳の中の秘密』(原題:LOVE, MARILYN)が、10月5日(土)より新宿ピカデリー他にて公開される事が決定した。

プライベートな部分をごく身近な人にしか見せないことで表向きのパーソナリティを作りだしたマリリン・モンロー。『ナイアガラ』(53年)、『紳士は金髪が好き』(53年)、『七年目の浮気』(55年)、『お熱いのがお好き』(59年)など数々ヒット作に出演し、世界中でその人気を不動のものとしたが、1962年に36歳の若さで突然この世を去る。死後50年経った今も彼女と彼女の出演作は私たちの中で輝き続けているが、その存在や真実は謎に包まれたままだ。

本作は、世界的ベストセラー「マリリン・モンロー魂のかけら」(青幻舎刊)を基に、秘蔵映像と没後50年で初公開された自筆のメモや日記、私的な文書を紐解きながら、彼女の生い立ちから最期までを丁寧にたどってゆく。
例えば、ルックスやスタイルばかりに注目が集まるマリリンだったが、自らニューヨークのアクターズ・スタジオに通い、名コーチ・ストラスバーグの指導を受けており、今回公開されたメモからは、”努力しなければ…以下を行う精神力を持たなければ”との前書きに続けて、”稽古に行く、アクターズ・スタジオの稽古を絶対に休まない”、”自分のまわりを観察する、いままでよりもっとそうする―観察―自分だけでなく、他人も、すべてを―もの(それ)の価値を見つける”といった、これまで明かされなかった女優としての向上心をもつ一面も登場する。
その一方、「alone!!!!!! 私はひとりぼっち いつだって ひとりぼっち、どうしようもなく。」という走り書きもあり、華やかな世界を生きる彼女の内面に抱えた孤独も、直筆のメモから垣間見ることができる。

そして劇中、ユマ・サーマン、リンジー・ローハン、グレン・クローズ、マリサ・トメイら、年齢も立場も違う現役女優達がマリリン・モンローに扮し、彼女の魂をよみがえらせるという試みでもある。最期まで公には見せなかった情熱、野心、自分探し、権力への恐れ…。そこには、今まで誰も見た事がない生身の女性としてのマリリン・モンローが映し出される―。”セックス・シンボル”の代名詞ともいわれ、世の男性陣を魅了し続けたマリリン・モンローとはまた違う、純粋すぎるほどに夢や理想を追いかけ、悩み苦しみ、そして愛を求める一人の女性の姿に、共感を覚えずにはいられないだろう。

『マリリン・モンロー 瞳の中の秘密』
監督:リズ・ガルバス
出演:マリリン・モンロー、ユマ・サーマン、グレン・クローズ、マリサ・トメイ、リンジー・ローハン他
配給:ショウゲート
公開表記:10月5日(土)、新宿ピカデリーほかにて公開
公式サイト:marilyn-movie.jp
クレジット:(c)2012 Diamond Girl Production LLC. All Rights Reserved. 【ハリウッドニュース編集部】

ハリウッドニュース

トピックスRSS

ランキング