チャニング・テイタムの妻、夫のヌードシーンを誇りに思う

ハリウッドニュース / 2012年6月16日 10時20分

チャニング・テイタムと妻のジェナ・ディーワン (c)Hollywood News

俳優のチャニング・テイタムの妻で女優のジェナ・ディーワンが、映画『マジック・マイク』(原題、6月29日全米公開)での彼のヌードシーンを誇りに思っていると話している。

同映画で男性ストリッパーを演じているチャニング。彼と2009年に結婚したジェナはゴシップサイト「E!ニュース」に、「(夫のヌードシーンを見る)準備はできていたわ。私はどんなシーンか分かっていたの。この映画は素晴らしいわ。私は人々が見てくれることにハッピーだわ。彼は映画でとても良く見えるのよ。本当に誇りに思っているわ」と語っている。

同映画はチャニングのほかに、アレックス・ペティファーやマシュー・マコノヒーらが出演しており、華麗なダンスを披露している。妻のジェナも誇りに思うヌードシーンにも多くの人が注目しているだろう。【馬場 かんな】

ハリウッドニュース

トピックスRSS

ランキング