リンジー・ローハンがホテルで意識不明で倒れているのを発見される

ハリウッドニュース / 2012年6月16日 10時25分

撮影中のリンジー・ローハン。ホテルで意識不明の状態だと勘違いされてしまう (c)Hollywood News

25歳の女優であるリンジー・ローハンがアメリカ時間6月15日に、ロサンゼルスのホテルで意識不明の状態でいるところを発見され、救急隊員が呼ばれた。

リンジーは2日続けて休み無しでテレビ映画「Liz and Dick」(原題)の撮影をしていたようで、その後マリナ・デル・レイにあるリッツ・カールトンホテルに宿泊したようだ。リンジーは15日の朝に、同映画の関係者に電話をかけ、気分がすぐれないということを伝えたという。映画の関係者からリンジーの様子を見るようにと言われたホテルの人間が彼女の部屋に行くと、なんとそこには声をかけても反応しないリンジーがベッドに横たわっていたのだという。リンジーは意識不明の状態であると判断され、すぐに緊急電話で救急隊員がホテルに呼ばれた。

アメリカのメディアは、この時点で一斉に、「リンジー・ローハンがホテルで意識不明の状態で見つかる」と報道した。中には、「病院に搬送された」という報道もあり、リンジーに最悪の事態が起こった可能性が懸念されたのだが、実際はそうではなかった。彼女はただ、深い眠りについていただけだったのだ。目覚めたリンジーは、救急隊員による診断でなにも問題がないと判断され、同日の午後にまた撮影に戻る予定なのだという。

深い眠りについただけでここまでの大事になるリンジーは、まさに自分がお騒がせ女優という名にふさわしい存在であるということを世に知らしめたようだ。【村井 ユーヤ】

ハリウッドニュース

トピックスRSS

ランキング